【動画】妖怪ウォッチがポケモン以来の社会現象


妖怪ウォッチがポケモン以来の社会現象になっている!!妖怪ウォッチのシール付きお菓子は売り切れ続出になる位子供に大人気らしい(・∀・)
ウィスパーもジバニャンも可愛いーーー(*゚∀゚)
子供に人気があるのも納得!!!
20140320173817c7c

以下引用
ゲーム、漫画、アニメのクロスメディア戦略で誕生した作品「妖怪ウォッチ」(原作レベルファイブ)が、子どもたちの間で大ブームとなっている。

「妖怪ウォッチ」は、小学5年生の天野景太が主人公。森で出会った妖怪ウィスパーから不思議な時計「妖怪ウォッチ」を手渡されると、町中の妖怪が見えるようになる。朝寝坊など日常の難題が妖怪の仕業と知り、妖怪を説得し、時には戦い、友達になっていく物語だ。すでに200種以上の妖怪が存在し、特に車にひかれた猫の地縛霊ジバニャンは、愛くるしいキャラクターで大人気だ。
「妖怪ウォッチ」は昨年1月に月刊「コロコロコミック」(小学館)で連載が開始され、同7月にニンテンドー3DSのゲームソフトが発売された。今年1月にはテレビ東京系でアニメ(金曜午後6時30分)がスタート。ソフトはこれまで売り上げ70万本突破。玩具の時計やメダルなど関連グッズ、関連書籍も飛ぶように売れている。3月中旬、東京駅一番街に専門店をオープンさせたが、反響が大きすぎ2日間で営業を一時停止した。アニメのエンディングテーマ「ようかい体操第一」はユーチューブで320万回以上再生され、遊戯曲になっている。以上nikkansports引用


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>