焼き牛丼の東京チカラめし約8割の68店舗を売却


焼き牛丼でお馴染みの東京チカラめしが約8割の68店舗を売却することに!!
まあ、店員の態度が悪いだの良くない噂がありましたからね。
三光マーケティングフーズは個室型居酒屋「東方見聞録」のヒットで居酒屋チェーンを拡大し、全品270円均一の「金の蔵Jr.」低価格居酒屋ブームを起こした。
居酒屋経営の立て直しで東京チカラめしを始めたはいいけど、低迷・・・全部同じパターンでダメになってる(´゚д゚`)
ca347834

以下引用
三光マーケティングフーズは10日、牛丼店「東京チカラめし」の直営店の約8割にあたる68店舗を売却すると発表した。売却先はカラオケ店などを運営するマック(東京・新宿)で、売却額は未定。

三光マーケは新会社「チカラめし」(東京・豊島)を6月2日付で設立して68店を移管し、新会社の全株式をマックに譲渡する。
三光マーケは2011年に東京チカラめしの展開を開始。焼いた牛肉をのせる「焼き牛丼」が人気を集めた。ブームが一巡すると客数が大きく減少し、事業を継続するか撤退するかの判断を迫られていた。同社は残り20店の運営は継続するものの、主力の居酒屋事業に経営資源を集中させる。以上nikkei引用

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>