ジャパンディスプレイ、六角形の12.3インチ液晶モジュールを量産開始。


ジャパンディスプレイが長方形から角を二つ裁ち落とした六角形12.3インチ液晶モジュールを量産開始したヽ(´エ`)ノ
車内インテリアデザインの自由度を上げるため六角形なのだそう。
機能もデザインもスタイリッシュでオシャレ~!!!
j

以下引用
ジャパンディスプレイ(JDI)が、12.3型異形状液晶モジュールの量産を4月から開始することを発表しました。長方形から角を二つ裁ち落とした六角形の「異形状」なのは、自動車のインストルメントパネル(インパネ)向けとして車内インテリアデザインの自由度を上げるため。

組み込みエレクトロニクスの塊と化して久しい自動車ですが、ここ最近はアップルが発表した iPhone と車載システムの連携機能 CarPlay や、スマートフォン連携のみならず自動車そのもののAndroidデバイス化を目指す Google 主導の業界団体 Open Automotive Alliance (OAA)など、ネットワークにつながった情報端末としての進化がますます加速しつつあります。
今回発表された異形状液晶モジュールも、広視野角のIPSパネルや昼間の視認性を向上させる高輝度1000cd/m^2、一覧性を高める高精細大画面、堅牢性や放熱・軽量性に優れたマグネシウム製フレームなど、情報端末化した自動車の要求に応えるための製品です。以上engadget引用

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>