北海道新幹線 内装には雪の結晶「H5系」、グランクラスも導入


北海道新幹線は「E5系」を一部変更で「H5系」にヽ(´エ`)ノ
内装には雪の結晶をあしらう可愛いデザインになるそう!!
雪の結晶の模様なんて斬新でいいね~(*´ェ`*)
北陸新幹線にも導入されたグリーン車より上の最上位車両「グランクラス」も導入するらしいよ!
logo

以下引用
JR北海道は、2016年3月末の開業が予定されている北海道新幹線の車両について、北海道らしさを意識して、内装に雪の結晶の模様などをデザインする方針を固めた。東北新幹線の「はやぶさ」と同じ「E5系」のデザインの一部を変更し、「H5系」の名称で運行する。列車名も公募する方向で検討している。

 同社関係者によると、H5系の「H」は、北海道のアルファベット表記の「HOKKAIDO」の先頭の「H」から採用した。内装については、シートの色などはE5系と同じだが、床に雪の結晶の模様をあしらい、壁紙のデザインにも手を加えるという。グリーン車より上の最上位車両「グランクラス」も導入する。
車両の外観はE5系で使われている緑、ピンク、白の3色を基調とするが、一部を変更する考え。車両にデザインするシンボルマークは今後、決めるという。以上yomiuri引用

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>